母は本日、いつもより1日早く泊まり利用させてもらいます。
明日から我々神戸に旅立ちます。
夫の母の3回忌。早いものです。90才で旅立ってもう2年。

義母には色々助けてもらいました。亡くなるまで本当にしっかりしていて、なんの違和感なく会話できたし、
こんな不出来な嫁の私に対しても、良く気遣いしてくれる出来た姑でした。

夫への不平不満もよく聴いてくれ、同調までしてくれる人でした。
義母のお陰(?)で未だに夫といっしょにいるのだと思いますね。(これは果たして良かったんでしょうか)

兎に角今日から3日間の泊まりです。
知ってか知らずか(当然知りません)今朝はぐっすり寝ており、「もう朝だよ」と起こすと「このまま寝かせといて」
と起きようとしません。2度3度体を揺すっていると、「朝かね」と言い、私の顔をみると「あ~、あんた。
あんたはいつも私にやさしくしてくれて・・・だから私はあんたが大好き」

「ん~?なんか勘違いしてるな」とは思うものの悪い気はしない。少し苦労が報われた気さえしました。
「そ~お」と思い切りやさしい笑顔で応えておく。

そんなこともあり、今朝のルーティンはスムーズ。
言葉って大事。そして笑顔も大事。ちょっとしたことでねぇ!

お迎えのヘルパーさん、今日はいつもの男性と女性、二人で来てくれてましたが、母の言ったことを話すと
二人とも声を揃えて笑ってました。
私がいつもやさしくしてるとは考えにくかったんでしょうか?

なんかショック!

[PR]
# by foreveryoungrumi | 2018-02-20 00:23 | Comments(0)

 今日の母は割りに素直で、結構すべてがスムーズにすすみました。
ただ、暮れに買った宝くじ、そして去年夏に買った宝くじ、いっしょに置いておいたのにみつからないのです。
当たっていたらどうしよう!
見てしまったら、あの夢もこの夢も、全て終わってしまうようで、まだ確認せずにいたんです。

心当たりは探したのですが・・・みつからない。
「大丈夫、捨ててはいないのでどこぞに眠ってるはず」と自分で自分を慰めるのですが、どうにも落ち着かない。
ついこの間まで「ここにあるな」と安心していた場所にないのです。

最近はそればかりじゃないんです。
銀行で引き出してきたお金が1万円足りないと大焦り、そんな時すぐに夫を疑うのでありますが、結局自分が使っていたことを忘れてただけだったり、どこかにおいたはずの腕時計、そのどこかがわからない、等々。

事ほど左様にいろんなことを忘れてしまうのです。
これじゃ母とあまり変わらない。情けないったらない!この辺りで食い止めないとえらいことになってしまいます。

いやはや、不安です。
d0355580_23505484.jpg
なんの脈絡もありませんが・・・母の本日の夕飯。オムライス
私の昼食でもありました。少し残しておいて卵でつつみ、いっちょうあがり!
我々はお蕎麦を食べて本日は終了。
早めに切り上げて、当たってるかもしれぬ宝くじさがさなくっちゃ!


[PR]
# by foreveryoungrumi | 2018-02-19 00:19 | Comments(0)

ヤッター!!
男子フィギュア、ワンツゥフィニィシュ!!パチパチパチ
d0355580_23460681.jpg
お祝いしなくちゃ、と、冷蔵庫からワイン。コルク栓抜こうとグリグリしてたら、入り込んで抜けなくなりました。
ワイン目の前に飲むことができない!  うらめしや~!!

何時の日か年老いた私、一人暮らしになったら、このように、ずぅ~とワイン飲めないかもしれない。やだ~。
まあ、今はスクリューキャップのものもあるね。間違いなく開けられる器具もあったな。ホッ。

でも色々不便なこと出てくるんだろうなぁ。
ペットボトルのふたとか、開けられなくなるんだろうな。
高い所のものだって、踏み台にふらついて上れないから、取る事できないだろうし・・・

一人暮らしの高齢者の方不自由しておられるんでしょうね。
何気に出来ていたことがいつとは知れずできなくなる。これって辛いですよね。

私の母のように、知らない間に、トイレにも行けなくなってる、衣服も自分で選べない、着ることもできない。
お茶碗、お箸も上手く使えない。そして自らの足で歩くこともままならない。


夕食の時、長男いともも簡単にコルクを抜いてくれました。
でも、この長男だって、何時の日か、ワイン目の前に飲めないで臍をかむ日がくるのです。

それどころか、本日の金メダル、銀メダルのあの素晴らしい運動能力を持った若者でさえ、そうならあぬとは言えない。

どうしたらいいのでしょうね。

[PR]
# by foreveryoungrumi | 2018-02-18 00:39 | Comments(0)

d0355580_22501266.jpg
 寒桜だそうです。
我が家から海の方へ下って行く途中の道に咲いていました。満開です。
今日はお天気良く、暖かい。桜ものびのび咲いてます。
いずれにしても、春遠からじ!

柴犬たけひこ君の飼い主の女性曰く「このあたり、色々な種類の桜が次々咲いて、5月中旬まで楽しめますよ」とのこと。
楽しみだなあ!!

今日の茶太郎散歩は飼い主(私)の気持を汲んで、コース選択は一番長いバージョンを選択してくれた。
ちょっと迷惑なんだよね。でも気持いい!!
d0355580_23222005.jpg
熱海の町が一望できます。写真上は真鶴半島(たぶん・・)。
ここは熱海花火の絶景(?)ポイント。

さてさて、楽しい昼間の時間は過ぎ、恐怖の夕刻がやって参りました。
時刻とおりのご帰宅。
でかける時も帰宅時もいつもとおり、まあまあのご機嫌。

昨日のチョコレートケーキに今日は生クリームを添えてみました。
「おいしい」とは言いませんが、ぺろりとたいらげました。

私が食事の支度中も大人しく座っています。これはほんと助かります。
ところが支度も整い、食卓までつれてこようと、座っている車椅子を見ると、お腹を突き出し、もうまもなく
すべり落ちそうな体勢。

いつもの、両脇に腕を入れ引き上げようとすると、いつもの抵抗。
こうなると異常な重さ。づるづると落ちていく母、踏ん張る私。
「またかよ~」ほんと、どうにかしてほしい。
夫の力を借りてなんとか食卓に着席。

母にしてみれば我々のこの大いなる労力も親切もただの暴力。
酷い目にあったとばかりにため息、挙句テーブルに伏して「ああ辛い、悲しい」のポーズです。

そうは言っても「腹が減っては戦にならぬ」
 
d0355580_23505552.jpg
            いわしだんごのあんかけ、ポテトサラダ、納豆とマグロ磯辺和え

ぺっ、ぺっ、はなかったけど・・・まあいいか141.png

そして寝る前のトイレ。トイレまでは素直に行ってくれたけど、座ったきり立とうとしない。
「このままおいといてくれ」と言い出し、例によって激しい抵抗。
「死んでしまってもいいのか」と散々聞き飽きたおどしだ。

ほんと疲れました。こりゃ、相当体力つけなきゃ私が先に行きそうです(もちろんあの世にですよ)





  




[PR]
# by foreveryoungrumi | 2018-02-17 00:21 | Comments(0)

母が2泊の泊まり利用を終えて帰ってきました。
いつものことながら息がつまりそうな気持。1日2日と過ごしているうちに慣れてくるのですが、やはり
2日間自由に過ごした後はなかなか・・・

その上今日は母が帰る前から、な~んか気分がすぐれない。
ひとつには、やっと決心を固めて街中の美容院に行き、ヘアマニュキュアとカットしたのですが、案の定
私の思っているのとは微妙に違う仕上がり。なんかイライラする。
他にもまあ色々とあって、重たい気分。

そう言うの微妙に伝わるンですよね、認知症の母にも。
なんか落ち着かない。まあこの人いつも落ち着いてる方じゃないけど、こういう時はとくに。

いつものように立ったり座ったり、食事の時も、あれもこれも、なにもかも一緒くたにしてしまったりと、すべて落ち着かぬ。
私何時も以上にイラッ~として、「汚いことやめて!」と取り上げゴミ箱に捨ててしまう。
こうなるともういけません。

長男は「やめてあげて、かわいそう!」などと最初はおどけているが、そのうち「やめろよ、自分だってそうなるんだ」
なんつって、わたしを攻撃し始める。
「わたしゃ、こんなにいつまでも生きてないよ、こんなになって生きてて何になる!」

そうこう言ってる内に、今度は母が味噌汁の中にご飯を入れる。
「これはだめ。こんなん見るに忍びない。これは捨てさせてもらいますよ」と長男母からお椀取り上げる。
「ありゃ、なにすんの」と母。
そんなこんなで、母の前から終いに何もなくなってしまう。

帰ってすぐにあんぱん半分食べてます。「今日はもういいよ」と私。
長男「昨日のチョコレートケーキやれば、だれも食べんから」とこれもイラッとさせるが、「そうだな」
とカットしてだしてみる。
d0355580_23030574.jpg

ひと口、ふた口食べてやめてしまう。ぐちゃぐちゃにしただけ。ますますイライラする~!
因みに昨日バレンタインデイなので作ったのです142.png

寝る前の着替えもトイレも抵抗、抵抗で、おおいに難航。そして私も母も大爆発!
ほぼ乱闘の中やっとベットイン。

今日はもう最悪だぁ~!!




[PR]
# by foreveryoungrumi | 2018-02-15 23:23 | Comments(2)