不死身の母を持つと・・・

 本日、通い利用1週間振りに再開。いつもの男性スタッフさんお迎えに来てくれ、なんの抵抗もなく出かけて行きました。

ふ~む、この開放感!!

解き放たれた感じをもっと味わいたくて、お風呂に入りました。我が家のお風呂、温泉なんですよ~!

前住人が温泉の権利あと5年残してくれたのを譲り受けました。

これがいいんです。5年たったら権利放棄だ、と思ってたけど、ちょっと手放せないなぁ!!

ほんと気持ちいい!最高だあ!!
d0355580_22232316.jpg
温泉に浸かっての風景。物干し台じゃまですが、紅葉も始まっていいんじゃないの~110.png110.png

これは唯一の贅沢。ここに来てよかった!と、思う瞬間であります。

 しかし、つくづく思うのですが、我が母親の生命力はなんだ。医師からも命の保障はされなかったし、たとえ治った

としても今の施設を利用は無理だろうと言われた。それがたったの1週間で復活だ。ハハハ・・・笑えてくる。

しかもですよ、酸素吸入、機械は作動しっ放しだけど、一度も吸ってない。カニューレそこらに放りっぱなし。

点滴だって2度3度と針を抜いてしまって、半分も入ってないことがあった。発病2日目から水分も摂り、ヨーグルトや

プリンを食べていた。3日目の夜には普通に夕飯も食べた。

 こんな親不孝者の私ですが、「神様今は連れていかないで、もう少しここに置いといて下さい」と祈ったのです。

もう少し優しくして、孝行らしいこともしてと殊勝な気持ちなったのです。

ところがねぇ、神様願いをかなえて下さったのに・・・やっぱり優しくも孝行もどっかいってしまいました。

やたら元気でうるさいんですから~。

でもね、せっかく神様チャンス下さったのです。だだ優しくとか、そういうことでなく、母の人生もう少し実りあるもの

にしてみたいな、とは思うんですよ。何をどうすれば良いのか、今のところはわからないのですが・・・。



[PR]
by foreveryoungrumi | 2017-11-14 23:33 | Comments(0)